家族の安全を守る家|耐震性・耐久性に優れた構造|府中・調布・日野の注文住宅を建築するキャナエル設計

地震に強い家|耐久性に優れた構造

家族の安全を守る確かな性能を標準装備

耐震性や耐久性といった家族の安全を守るための住宅性能は、家づくりを行ううえでの基本性能でありもっとも重要なものです。

キャナエル設計では住宅の基本性能を重要視しており、家づくりの数ある工法・構造のなかから安全性が高いと判断されるもののみを厳選。わたしたちがつくるすべての新築一戸建てに、高耐震・高耐久をかなえる工法・構造を採用しています。

高耐震・高耐久をかなえる工法・構造

揺れに強い面構造

パネルで柱、土台、梁を一つの箱のように強固に固定。面全体で地震の力を受け止めるので負荷を分散でき、耐力を高めることができます。一般的な在来筋交い工法に比べて、2倍の強度を誇ります。

地震に強い鉄筋入りベタ基礎

鉄筋入りベタ基礎は接地面積が大きく、荷重を分散させるため不同沈下のリスクを抑えることができます。また、地震に強いだけでなく土の中の水分を床下に通さないので、建材も長持ちします。

断面欠損が少ない金物工法

建材と建材の接合部には特殊な金物を使用。断面欠損を最小限に抑えることで、地震の揺れによる破損、倒壊を防ぎます。

断面欠損が少ない金物工法

建材の良し悪しによって住まいの耐久性は大幅に変わります。そして、柱や梁など場所によって適した建材は異なります。キャナエル設計では、柱、土台には国産高級ヒノキのエンジニアリングウッドを、梁には強度が高いアカマツを使用。建てた後の狂いが少なく高い強度を保てるので、末長く安全に住むことができます。

耐久性を高める換気システム

家の中でもっとも傷むのは床下。なぜなら湿気がこもりやすくシロアリや腐朽菌が繁殖しやすい環境にあるからです。わたしたちが採用するエコ・アイ工法(P.2へリンク)は、床下に乾燥した空気を循環させることができる工法。シロアリや腐朽菌の繁殖を防ぎ、床下の耐久性を高めることができます。

top